横浜&広島で施術を続け10年
「TPドクター整体 一福」
様々な症状の解決法・改善症例をここにご紹介。
症状改善集

【症状改善集】㊳両肘痛&膝痛の根治

広島在住、30代女性の方。

この四月にご紹介により、肘と膝の痛みを訴えられてお越しになりました。

肘は両方の小指側が痛く(いわゆるゴルフ肘)、右肘は4年前から、左肘は半年前からとのこと。

膝は左側で、半年前から痛くなったとのことです。

肘痛のせいで、週四回通っていた弓道にも行けなくなり、

膝はテーピングをしないと生活ができないほどとのこと。

接骨院での施術で肘はある程度楽になるがまた元に戻り、膝は楽になる気配すらもないとのことでした。

この肘痛&膝痛に対応する施術ですが・・↓、

①肘痛

肘痛に関しては痛む所が親指側(テニス肘)なのか、小指側(ゴルフ肘)なのかによって細かく対応が分かれるのですが、

どちらの場合にせよ、メインの原因は「二の腕の筋肉(=上腕三頭筋)」になります。

肘痛は肘関節そのものに原因があるのではと思われがちですし、病院で注目されるのもそこなのですが、この筋肉を緩めることで肘痛が改善されるケースが非常に多いのです。

②膝

膝痛に関しては、これまでの症例集でもお伝えしましたように、

「太ももの筋肉(=大腿四頭筋)」

がメインの原因になります。

そして他にも「股関節&足関節(足首)の硬さ」から膝に痛みが出てくることも考えられるので、その二つも入念に緩めます。

(「三関節原理」といって、「股関節・膝関節・足関節は三位一体であり、いずれか一つが悪くなると他にも影響を及ぼす」ということがあります)。

聞くところではされておられた弓道で、「半年前に強い弓に変えた」とのこと。

おそらく強い弓に変えられたことで、弓を引くために左腕を今までより強くピンと伸ばし、さらに膝を踏ん張ったために、

「二の腕の筋肉(=上腕三頭筋)」と「太ももの筋肉(=大腿直筋)」を強く縮ませる結果となり、この二つに筋肉のコリが生じ、

そのコリが「トリガーポイント(痛みの引き金を引くポイント)」となって、肘と膝に痛みが出たと推測されます。

(この「トリガーポイント=筋肉のコリ」からくる痛みは「原因の筋肉が縮むと痛みが増す(逆に伸ばすと楽になる)」という特徴がありますが、

・「肘を真っすぐにする(肘の伸展)」→二の腕の筋肉が縮む
・「膝を真っすぐにする(膝の伸展)」→太ももの筋肉が縮む

という関係があるために、どちらも強い弓を引くときにさらに縮んだと考えられます。

以上、症状と原因の因果関係をご説明しました。

さて、施術後の改善反応ですが・・、

施術から三日後にご報告をいただきました。

施術後、今までに経験したことがない身体が軽やかで驚いた。
肘の痛みは両方とも消え、左ひざの痛みも痛みそのものは消えて強張り感があるだけで、テーピング無しでも生活できる・・!

とのことでした(さらに顔のむくみもすっきりしたようです)。

通常、一回の施術で痛みが消失するケースは珍しく、何回かの施術回数が必要になってくるのですが、初回で早はっきり結果が出て何よりでした。

それから二週間後に追加のメールをいただきました。

その後に症状がどれだけ戻ってくるかが気がかりでしたが、セルフケアもやっていただいているおかげもあり、落ち着かれているようでした。

あんなに痛かったのが嘘のようです

その一言がいただけて大変うれしかったです。

それからさらに二週間後に二回目の施術をし、その後に行った三回目の施術のプレカウンセリングにて、

肘も膝も痛みは完全に無くなり、病める前の身体に戻った・・!

とのことでした。

完全に症状は改善されたようです。

今も月一のペースでメンテナンスの施術をさせていただいていますが、痛みは1割程度にとどまり、日常生活ではもうほとんど気にならない状態です。

今や「主婦肘」という症状名も出てくるほど、現代のライフスタイルにより肘痛や膝痛で悩まれている方は非常に多いです。

その方々に、

この痛みと一生付き合っていくものとあきらめていた。こんなに治るんだ!というのが正直な気持ちです

とおっしゃられたこのクライアント様のお言葉が、一人でも多くの方に届くのを祈っています。

※このクライアント様の喜びのお声を、「一福」HPにいただいております。
両肘痛膝痛(「一福」HPのリンクに飛びます)

施術スケジュール(直近三週間)