横浜&広島で施術を続け10年
「TPドクター整体 一福」
様々な症状の解決法・改善症例をここにご紹介。
その他

【施術後の改善反応】㉘眼瞼(まぶた)の症状②=眼瞼下垂

眼瞼下垂の原因となる胸鎖乳突筋
整体一福

皆さま、こんにちは・・!
今回は「施術後の改善反応」の第28弾。
「眼瞼の症状」の改善例、その第2症例目に関する記事です。
同じ第1症例目については以下をご覧ください↓

整体一福

また「症状改善集」の第19弾にも、
「眼瞼の症状=眼瞼下垂」の改善症例を挙げております↓

今回の記事はこんな方向けに↓
  • まぶたの症状(眼瞼けいれん&下垂)に悩まされていて、一向に良くならない・・。
  • 病院の検査や治療を受けても良くならない・・。
  • 他の整体院でも治療受けたor受けているが、良くならない・・。
  • 周りにまぶたの症状(眼瞼けいれん&下垂)で苦しむ方がいるので、その改善にお役に立ちたい・・!
  • まぶたの症状(眼瞼けいれん&下垂)の原因がいったいどこにあるのかを知りたい・・!

以上のような方がこの記事によって、その「眼瞼の症状(眼瞼けいれん&下垂)」の原因と改善方法をここで知ることができます。

眼の上が勝手にけいれんする・・

眼を開けようとしても勝手にまぶたが閉じてしまい、怖くて運転も出来ない・・

病院(眼科)に行っても、

医者

眼自体には異常が無いですね・・

と言われ、途方に暮れるケースが見受けられます。

整体一福

まぶたの症状は眼という大事な機能の妨げになりますので、日常生活にも多大な支障をきたすことになります。

それではいったいどこに原因があるのでしょうか。
実際にこの症状でお悩みだった方の改善例をもとに、
以下にご説明していきます・・!

眼瞼下垂の症状を抱えてご来院されたクライアント様

50代、広島在住の男性の方。

クライアント様

この2,3年、勝手にまぶたが下りてしまう・・

病院(眼科)へも何度も検査をしたのですが・・、

医者

眼自体には異常がありませんね・・。とりあえず目薬を出しておきましょう。

と目薬を出されましたが、全く改善しないとのこと。

整体一福

それではいったいどこにこの眼瞼下垂の原因があるのでしょうか。以下に解説していきます↓

眼瞼下垂の原因は実はここに・・!

眼瞼下垂の場合、キーポイントとなる筋肉があります。

眼輪筋

整体一福

↑眼瞼下垂というからには、まぶたの筋肉=「眼輪筋」がその原因と思ってしまいますが・・・、

胸鎖乳突筋

眼瞼下垂の原因となる胸鎖乳突筋
整体一福

↑実はその眼輪筋に影響を及ぼしてしまう「黒幕」となっているのが、この「胸鎖乳突筋」です。

ここにできたコリが、眼瞼下垂の原因となっているのです。

施術

「症状改善コース・フル(120分)」を実施。

(※この眼瞼下垂の対応だけでしたら、「症状改善コース(60分)」で対応可能です↓)

先にお伝えした胸鎖乳突筋。

この方の胸鎖乳突筋は何か芯が入っているかのように、とても硬くなられていました。

アゴの筋肉も眼瞼下垂に効いた・・!

またアゴの筋肉(咬筋)を押さえると、

クライアント様

まぶたに来ます・・、何か楽になってくるような感じです・・!


と言われたので、このアゴの筋肉も入念にアプローチ。

筋肉(西洋医学)的には、アゴの筋肉は目まい・耳鳴り・顎関節症を引き起こすのですが、

眼瞼下垂の症状自体は引き起こさないと考えられています。

ただ経絡(東洋医学)的には、アゴの筋肉には目の症状と関係のある【胆経】という「経絡(=身体を通るエネルギーライン)」が通っています。

この胆経が異常になると、

  • 目ヤニ
  • かすみ目
  • 眼圧が高くなる
  • 白目が黄色くなる

など目に症状を起こします。

またツボである、

  • 「瞳子髎(どうしりょう=目じり外側にあり、目の疲れ・かゆみ・充血に効く)」
  • 「陽白(ようはく=眼輪筋腱部にあり、目の上の痛み・涙が出る・角膜のにごりに効く)」

も【胆経】上に存在します。

したがって東洋医学の観点では、「アゴにアプローチしてまぶたに来る・ひびく(効く)」という現象は、【胆経】というキーワードで説明がつくのです。

施術後すぐに眼瞼下垂の改善感が・・!

術後、

クライアント様

視野が広がりました・・!今まで本当に狭かったのですが上も見えるようになり、気分的には270°見えるような感じです・・!

とのことで、はや初回の施術で改善を感じられたようです。

また、

クライアント様

特殊な車両の運転士なのですが、それを辞めなければならないのか・・、とずっと悩んでいました。なのでとても助かります・・!

とのことで、とても喜ばれていました。

そう言っていただけて、本当に嬉しい限りです。

以上、「病院でも対応できなかった眼瞼下垂の症状」の改善反応例でした。

まとめ

眼瞼下垂」はもし病院でどうにもならない場合、筋肉のコリ(トリガーポイント)からきている可能性大!

そして主な原因となる筋肉は、

 ◆首の筋肉(胸鎖乳突筋)

また今回、東洋医学の観点からは、

 ◆アゴの筋肉(咬筋)

これらの筋肉を緩めることにより、病院では改善しない・原因がよく分からない 「眼瞼下垂」 が改善する可能性が大・・!

ことをお伝えしました。

整体一福

「眼瞼下垂」の症状になると勝手にまぶたが下がってくるので、これが原因で交通事故を起こした方もいらっしゃいます。

なかなか改善しないこの症状に、人知れず悩まれている方、
もし病院でも一向に改善しない場合、こちらの施術で改善する可能性は大いにあります☆

ぜひ一度、ご相談ください・・!

施術スケジュール(直近三週間)