横浜&広島で施術を続け10年
「TPドクター整体 一福」
様々な症状の解決法・改善症例をここにご紹介。
症状改善集

【症状改善集】⑯顔面の痛みと痺れ

顔面の痛みと痺れの原因となる胸鎖乳突筋

30代、女性の方。

「顔右側のしびれを伴った痛み」
「目の近くに感じる痛み」

に長年悩まされ、他の整体や鍼でも効果がなく、私のHPをご覧になってお越しになられました。

人間ドックでは目・鼻・脳に特に異常はないとのこと。そしてMRI検査では「首の骨が本来のカーブではなく、真っ直ぐ(ストレートネック)気味である」とのことでした。

顔面の痛みやしびれに関しては、一般的に「緑内障」「副鼻腔炎」「三叉神経痛」などが原因として考えられます。

しかし目・鼻・脳に異常がないのであれば、こういった顔面に痛みを送る原因は実は、

<顔面にある特定の筋肉>
・あご(=内側翼突筋)
・ほっぺた(=外側翼突筋)
・頭横(=側頭筋)

の他、

・首(=胸鎖乳突筋)

顔面の痛みと痺れの原因となる胸鎖乳突筋

が重要なポイントになります。

この方の場合、

・病院から「ストレートネック気味」という指摘があった
・目の近くの痛む場所というのは、具体的には「鼻と右目の間」

の二点から、特に「首の筋肉(=胸鎖乳突筋)」に時間をかけてアプローチしなければと判断しました。

この筋肉が固く縮むと、首の骨の正しいカーブをなくし、ストレートネックの原因となります。そして目と鼻の間に痛みを送る場合もあります。

施術をしてみると、やはり首周りはどこを押さえても相当強く反応され、さらに予想通り「胸鎖乳突筋」が一番反応をされました。

施術三回目までは症状に変化はあまりみられず、むしろ施術後しばらくは痛みが強く出る状態が続きました。

一刻も早い症状改善を願うクライアント様にとって、本来こういった動かない経過であれば、施術の継続はないのですが、

それでも継続していただけたのは、施術時に身体に感じる「響き(反応)」を体感していただけたからだと思います(大抵この響きを、「これは治るかも・・!」という言葉でもって、クライアント様は表現されます)。

そして顔の痛みには変化はないが、首・肩は楽な状態がずっと続いていたそうですので。

(初回の施術から二回目までには三週間空いておりましたが、“本来はその間に行くべきマッサージ・整体に行かなくても楽だった”とのことでした)

そして四回目の施術前のプレカウンセリングにて。

“施術後すぐはひどく痛みが出たが、それから痛みの全くない期間が1週間ほど続いた”

とのこと。四回目にして動いたようです。

そして六回目の施術へと入りました。

前回の施術までに丸々一ヶ月空いておりましたので、経過が気になっていましたが、

施術前のプレカウンセリングでは、痛みは“最悪期の三割ほどにずっととどまっている”とのことです。

変わりに“首の後ろの痛みの方が逆に気になる”とのことでした。

「首後ろの痛み」というのは、「肩の筋肉(=僧帽筋&肩甲挙筋)」のあるポイントにも原因があるのですが、

先ほどの「首の筋肉(=胸鎖乳突筋)」にもその改善ポイントがあるので、いつも通りの入念な施術を実施。

毎回施術のたびに、首周りをアプローチすると強烈な反応を示されていましたが、施術の回数を重ねるごとにその反応箇所が減っていき、

今はその反応点は、この「首の筋肉(=胸鎖乳突筋)」だけとのこと。それも“押されるたびに強く感じた響きが、段々弱くなってきている・・!”とのことです。

こうして今では他の部所の方が気になるぐらいに、顔の痛みと痺れは弱まりました。

顔の痛みは場所が場所だけに非常に不快な思いをしますし、とても辛い思いをしますが、

こうした粘り強い施術によって改善するケースが非常に多いのです。

施術スケジュール(直近三週間)