横浜&広島で施術を続け10年
「TPドクター整体 一福」
様々な症状の解決法・改善症例をここにご紹介。
症状改善集

【症状改善集】①首の骨そのものに感じる痛み

40代、広島在住の方。

訴えられた症状は、「首の骨そのものが痛く感じる」という症状でした。

こういった症状は「椎間板圧迫」関節離断(亜脱臼)」とよく誤診されることもありますが、

背骨に付いている二つの筋肉(=【多裂筋】&【回旋筋】)が原因となっていることが非常に多いです。

(自作の絵なので分かりづらくてスミマセン・・・これ、首の背骨の部分ですあせる

しかしこの二つの筋肉は首の最も奥深くにあるため、並みのマッサージでは届かず、あるアプローチをしないと中々そこまで圧が届きません。

あと皆さんがよく肩こりを感じる箇所の筋肉(=【僧帽筋】)の、ある一点もかなり硬く、押さえると反応があったので、そのあたりも原因と考えられました。

このクライアントさんは自力整体もされていて、ご自分でされる整体法にもかなり自信をお持ちの方です。

ですのでカウンセリングの段階ではまだこちらを試すような姿勢でした。

「心のシャッターがまだ開いてないな。これはちょっと手ごわいな・・・(=症状改善するかな)。」

と思っていました。

経験上同じ施術をしても、「心のシャッター」が閉じている方は、改善効果が出てきづらいものです(勿論施術家として、それを言い訳には絶対できません)。
ですがこの方、施術後ベッドから起きた瞬間表情も柔らかくなり、その後のお話も弾みました(今まで受けた施術の中で、一番首に効いたとのこと)。認識を変えていただけたかなと思います。

この、施術前後のクライアントさんの態度の変化を感じる瞬間、施術家としてやりがいを感じる瞬間でもあります(「してやったり・・・!」)。

しかしながらやはり心のシャッターが閉じられたままで帰られる方も非常に多く、その時は自分の腕の未熟さを大いに痛感しています。

(自分が立て続けに症状改善の結果を出し、「天狗になっている時」に必ず不思議とこういった方が来られるのです。そして見事にその鼻を折られ、未熟さを痛感いたします。本当に感謝・・・!)。

翌週、翌々週と施術を重ねてこの方の症状は根治しましたが、ここで喜んでいる場合ではなく、生きている限り今後も症状改善のための施術に取り組んでいくので、謙虚な気持ちを忘れずにいこうと思います。

(といってもたまに<天狗>になるのですが・・(笑)!)

施術スケジュール(直近三週間)